動画配信サービス 洋画

映画『ボルベール<帰郷>』フル無料視聴できる動画サービス(VOD)・作品紹介・ネタバレなし感想~女性のたくまくさを描く!

2021年2月22日

映画『ボルベール~帰郷~』(2006年スペイン公開、2007年日本公開)は、スペイン映画。
ペドロ・アルモドバル監督によるタンゴの楽曲「Volver」を題材にしたヒューマンストーリー
主演は、美人女優ペネロペ・クルス。
郷愁漂う世界観と共に、たくましく生き抜く女性たちを描いた作品です。
2006年の第59回カンヌ国際映画祭では、主演のペネロペ・クルスほか6人の女優たち全員に女優賞が贈られています。
さらに、脚本賞も。

映画『ボルベール 帰郷』を無料で観れる動画配信サービス作品紹介感想を記事にしましたので、ぜひご覧ください。

モモセ
U-NEXTの特徴

初月31日間の無料利用ができる!
日本最大級の動画配信サービス!
21万本以上が見放題!作品数日本No.1!最新作も充実!
映画・ドラマ・アニメ、さらにマンガラノベ書籍雑誌も豊富にそろっている!
人気ジャンルから70誌以上の雑誌が追加料金なしの読み放題
無料期間に600ポイント付与、会員継続なら毎月1日に1200ポイント(=円相当)付与
映像作品の購入・レンタルや電子書籍購入などでポイント有効活用ができる!
作品をダウンロードして通信環境気にせず外出先でも楽しめる!
最大4人まで同時に視聴できる!

U-NEXT♡♡♡♡♡
オススメ度NO.1!
日本最大級動画配信サービスで、観たい作品が観よう!

 

※2021年2月現在の情報になります。くわしくは公式サイトへ

映画『ボルベール 帰郷』無料視聴できる動画配信サービスは?~比較検討してみる!

映画『ボルベール 帰郷』動画配信サービス比較表

○:無料視聴可(初回ポイント利用も含む) △:課金視聴可 ー:配信なし

配信サービス無料視聴無料期間月額(税込)
U-NEXT31日間2,189円
TSUTAYA DISCAS/TV30日間2,659円
FODプレミアム×14日間976円
Hulu×14日間1,026円
dTV31日間550円
Amazonプライムビデオ30日間500円
Paravi×14日間1、017円
Netflix×なし990円~

※2021年2月時点の情報です。
※比較するため簡略化していますので詳しくは公式サイトでご確認下さい。

映画『ボルベール 帰郷』無料視聴ならU-NEXTがいい!

出典U-NEXT
U-NEXTのまとめ
無料期間 31日間 
月額料金(税込)  2、189円
作品数 見放題21万本以上、レンタル2万本以上 
ダウンロード  OK
ポイント付与  初回600ポイント、会員継続で毎月1200ポイント
同時接続台数 4 

 

U-NEXTのメリット

無料体験期間は31日で最長!
見放題21万本、レンタル2万本以上で作品数も最大視聴できない作品の方が少ない映画・ドラマ・アニメが見放題で楽しめる以外に、最新作を含むレンタル作品も、さらには60万冊以上のマンガや書籍も取り揃い!
③作品をダウンロードして通信環境気にせず外出先でも楽しめる!
④無料期間に600ポイント付与、会員継続なら毎月1日に1200ポイント(=円相当)付与
映像作品の購入・レンタルや電子書籍購入などでポイント有効活用ができる!
最大4人まで同時に視聴できる!家族や友人とシェアが可能。

 
U-NEXTのデメリット

月額料金2,189円(税抜)と他の動画配信サービスと比べて割高
※ただし、無料期間中には600ポイント(円)、会員継続後には毎月1200ポイント(円)が付与されることでその分新作やレンタル必要な旧作も実質無料で観ることができる!
家族や友人、最大4人まで同時視聴でシェアできることから他の動画配信サービスと比べて割高とは一概にいえない
※とりあえず無料期間だけを考えているのであればデメリットはなし!!
無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかかりません。 

※2021年02月現在の情報になります。くわしくは公式サイトへ

映画『ボルベール 帰郷』観るにあたっての注意点

動画配信サービスへの登録が面倒・お金を払いたくないという理由で、Dailymotion(デイリーモーション)やPandora(パンドラ)などの動画サイトを無料視聴することは止めましょう!!!

そのようなサイトに違法にアップロードされた動画は画質・音質も良くない場合が多いです。さらにはクリックを繰り返しているうちに外部リンクに誘導される可能性もあり、コンピューターウイルスへの感染の危険や個人情報漏洩の危険もはらんでいます。違法サイトで無料で動画を観ることはそもそも法律で禁止されています。

安心安全・高画質・高音質な配信サービスを利用し、まずは『ボルベール<帰郷>』、さらに、心のおもむくままにいろいろな作品を楽しみましょう!

映画『ボルベール<帰郷>』の作品紹介

出典:amazon
映画タイトルボルベール<帰郷>
監督ペドロ・アルモドバル
脚本ペドロ・アルモドバル
キャストペネロペ・クルス/ロラ・ドゥエニャス/ヨアナ・コボ/カメルン・マウラ ほか
配給ギャガ(日本)
公開日2006年(スペイン)、2007年(日本)
上映時間120分
製作国スペイン
さらに、詳しい情報Wikipedia

映画『ボルベール<帰郷>』のあらすじ

ライムンダ(ペネロペ・クルス)と娘パウラ(ヨアナ・コボ)とライムンダの姉ソレ(ロラ・ドゥエニャス)は、故郷のラ・マンチャの小さ++-な村の墓場に定期的に来る。3年半前の火事で亡くなったとされる両親の墓の手入れをするためだ。墓の手入れは、ラ・マンチャの古くからの風習。

この日も、いつも通りに墓の手入れを終えた3人は、このラ・マンチャに住むパウラおばさん(チュス・ランプレア)を訪ねる。認知症が進んでいるおばさんが一人暮らしをしていることが気がかりで3人が住んでいるマドリードに引っ越させようと計画しているライムンダだったが、おばさんは首をなかなか縦に振らない。この日も、おばさんの引っ越し拒否の意思は固く・・・仕方なく、3人はマドリードへ帰っていく。

そして、ライムンダの一家のとんでもない事件は次の日に起きた・・・

さらに、パウラおばさんが亡くなったと・・・ソレからライムンダに連絡が入ったが、ライムンダは、おばさんを弔うためラ・マンチャへ行く日取りを決めようというソレの提案を断る。

映画『ボルベール<帰郷>』の主要キャスト紹介

  • ペネロペ・クルス(林真里花)/ライムンダ(主人公。マドリードで夫と娘と暮らす。出身はラ・マンチャ。)
  • ロラ・ドゥエニャス(引田有美)/ソーレ(ラインムダの姉。独身。マドリードの自室で美容室。妹とその娘とも仲良し。)
  • ヨアナ・コボ(小松由佳)/パウラ(ライムンダの娘。14歳くらい。ある事件を起こす。)
  • カルメン・マウラ(藤生聖子)/イレーネ(ライムンダとソーレの母親。)
  • チュス・ランプレアベ(深沢エミ)/パウラおばさん(イレーネの姉。ラ・マンチャで一人暮らし。目が不自由で認知症。)
  • ブランカ・ポルティーヨ(火野カチコ)/アグスティーナ(パウラおばさんのお向かいの家。ライムンダとソーレとも仲良し。)
  • アントニオ・デ・ラ・トーレ/パコ(ライムンダの夫。)  ほか  

※()は日本語吹替

映画『ボルベール<帰郷>』の主要スタッフ紹介

  • ペドロ・アルモドバル/監督
  • ペドロ・アルモドバル/脚本
  • エステル・ガルシア/製作
  • アグスティン・アルモドバル/製作総指揮
  • アルベルト・イグレシアス/音楽
  • ホセ・ルイス・アルカイネ/撮影
  • ホセ・サルセド/編集

映画『ボルベール<帰郷>』ネタバレなし感想

ペネロペ・クルスの圧倒的存在感と美しさの破壊力!

ペネロペの美しさは異彩を放っていました。

彼女、なんとなくゴクミこと後藤久美子さんの雰囲気、顔も似ていると思うのですが・・・

はじめて彼女を見たのは映画『エレジー』という作品でした。

エレジーの彼女は、初々しい感じも出していてそれでいて大胆であって、私は見惚れてしまったわけですが・・・

今回は、母親役で、しかも男なんかに頼らない、力強く堂々と生きていく雰囲気を醸し出していました。メイクもキツめで派手!胸もすごい!

これはこれでいい!・・・新しい彼女の魅力が見れて満足です。

ペネロペ・クルスの女優魂は口パクでも!

本作品で、ペネロペが故郷を想い歌いあげるというシーンがあるんですが・・・すごい、歌いっぷりで印象に残っています。

で、後々、調べてみると、彼女が実際に歌っているわけではないようで、歌声はフラメンコ歌手のエストレージャ・モレンテのものだそう。

歌っていないのに、実際に歌って見えるのが逆にすごい!

堂々とした歌いっぷり、哀愁漂い今にも涙がこぼれそうな表情に魅せられました。

彼女のインタビューによると、フラメンコ歌手の歌い方や身のこなし方を研究しつくして、体得し、撮影に臨んだのだそう。

彼女のこのシーンにかける想いが画面から伝わってくる仕上がりになっていると思います。

ぜひ、魅入ってみましょう!

先の展開が気になるストーリー展開

前半ぶっとんだストーリーを入れてきているので、ここからどうなるのかなぁと先を観たくなるような感じ

伏線らしきものも散らばっていて、どのように伏線回収されていくのか期待して観ていました。

で、観終わった後の感想としては、伏線が全て回収されたとはいえないところもあったり、重たいことがあっさりとしたものだったなぁと・・・

この意表を突くことこそが本作品のみどころなのかも・・・とも思いました。

女性の強さ8:弱さ2ぐらいのさじ加減な作品

本作品は女性をとにかく力強く描くことに焦点が当たっています。

男なんてくそくらえって感じで、施しようもない悲惨な状況や絶句する状況に至ったとしても、めそめそせずに前に突き進んでいく生き方が、観る者を爽快な気分にさせてくれます。

この力強い生き方を強調するために、重たいことも意表をついてあっさり描かれているのだと私的には理解しました。

ライムンダの、強がっていた糸がゆるんで母親に弱さを見せるシーン・・・ギャップ萌えしました。

優しさも強さの中から見え隠れしていました。

過去に対する償いや、母性だったり・・・

弱い自分にさよならしたい世の女性に向けられた力作なのではないでしょうか。

まとめ

映画『ボルベール<帰郷>』を無料視聴するなら、無料視聴期間が長く、作品数も多いU-NEXTが一番のおすすめです。

女性が前を向いていく勇気がわいてくるようなそんな作品だと思います。

男なんていらない!っていう気分の時にはもってこいです!

ぜひ、観てみてください。

U-NEXTの特徴

初月31日間の無料利用ができる!
日本最大級の動画配信サービス!
21万本以上が見放題!作品数日本No.1!最新作も充実!
映画・ドラマ・アニメ、さらにマンガラノベ書籍雑誌も豊富にそろっている!
人気ジャンルから70誌以上の雑誌が追加料金なしの読み放題
無料期間に600ポイント付与、会員継続なら毎月1日に1200ポイント(=円相当)付与
映像作品の購入・レンタルや電子書籍購入などでポイント有効活用ができる!
作品をダウンロードして通信環境気にせず外出先でも楽しめる!
最大4人まで同時に視聴できる!

U-NEXT♡♡♡♡♡
オススメ度NO.1!
日本最大級動画配信サービスで、観たい作品が観よう!

 

※2021年02月現在の情報になります。くわしくは公式サイトへ

スポンサーリンク

-動画配信サービス, 洋画

© 2022 momonosatiblog Powered by AFFINGER5