ドラマ映画感想 邦画

【北欧好きにはたまらない!】大人気映画『かもめ食堂』のネタバレなし感想・考察~北欧にある食堂って知ってましたか?

2021年1月21日

今回は、令和の時代になってもまだなお大人気映画『かもめ食堂』(2006年、日本公開)。

群ようこの小説を原作とし、監督荻上直子、主演小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ。

北欧フィンランドの首都ヘルシンキで食堂を営みながら、いろんな人との交流を通してゆったりと暮らしていくというストーリー。

興味がある人

最近、マイマスクを購入したんだよね~
マリメッコ柄の・・・好きなんだよね、このデザイン。
確か、フィンランド生まれのブランドだよね~

そうそう~
マリメッコ柄、私も好き!
食器とかでも見かけるよね~
北欧のデザインや家具とかなんか憧れあるなぁ・・・

モモセ
興味がある人

いいよね~
ところで、北欧気分を味わえるおすすめ映画ってあるかな?

『かもめ食堂』!

モモセ
興味がある人

間髪(かんはつ)入れずだね~
すごいね~
まだ観てなかった

えへへっ・・・
『かもめ食堂』って日本じゃないって知ってた?
北欧フィンランドの首都ヘルシンキを舞台にしているんだよ~

モモセ
興味がある人

えっ、日本じゃないの?
てっきり日本のどこかの田舎なのかと思ったよ・・・

そうでしょ・・・
私もてっきり日本かと。
タイトルからくるイメージと違っているんだけど・・・でも違っていないような・・・

モモセ
考えてる人

何それ~
よくわかんないんだけど・・・
とにかくおすすめなんでしょ!
みどころなんかを教えて!!

映画『かもめ食堂』の作品情報

あらすじ

主人公サチエ(小林聡美)は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキでかもめ食堂というお店を一人でやっていた。

店の前で中の様子を伺う人たちの姿がちらほらあったものの、店に来店する客はいまだいなかった。

そんなある日、一人の客が来店する。

若いその青年トンミ・ヒルトネン(ヤルッコ・ニエミ)は、日本かぶれで片言だが日本語で話し、日本のTシャツを着ていた。

そして、彼はサチエに尋ねた。

「ガッチャマン好きですか?」・・・「(歌詞)全部ご存じ?」

サチエは全ての歌詞を思い出すことができなかった。

後日、書店カフェで居合わせたミドリ(片桐はいり)にガッチャマンの歌詞を全て教えてもらえ、そのことがきっかけとなり二人は意気投合。

ミドリはサチエのお店のお手伝いをすることになった。

そのうち、ちらほらとお客がお店の中に足を運んでくれるように・・・

そして、ある日のこと、日本旅行客のマサコ(もたいまさこ)が来店する。

ちょうどそれと同じ時期に、ちょくちょく外から店内を険しい形相で覗き、去っていく女性の姿もあったのだが・・・

予告動画

💛無料で『かもめ食堂』を観る方法、詳しい作品情報が気になる方はコチラ⤵💛

映画『かもめ食堂』フル無料視聴できる動画サービス(VOD)・みどころは?~北欧好きにはたまらない!小林聡美主演作品!

続きを見る

映画『かもめ食堂』のネタバレなし感想

かもめ食堂|動画フル無料視聴!DVDレンタルよりも快適に

北欧好きにはたまらない!

北欧といえば・・・おしゃれなインテリアのイメージありますよね?

壁にかかった果物のシンプルな絵・・・
チェック柄の椅子の横には木製の年季の入ったテーブル・・・
部屋を明るくしてくれるレンガ造りの暖炉・・・

私はこういう部屋の中のイメージが強かったのですが・・・

今回本作品を観て、新たな北欧のイメージがプラスされました。

そよ風の中の波戸場・・・
お店が立ち並ぶ街並み・・・
サチエとミドリが出会ったアート空間である本屋&カフェ・・・
そして、
かもめ食堂・・・など

そこに人々の暮らしが加わって、より空気が優しく流れていく・・・

地球の中を自由に動けうるのに日本にとどまっているのがもったいなぁとつくづく感じました。

北欧の魅力が画面越しからも十分感じとれますが、現地に赴いてゆったり流れる空気を直に吸ってみたくもなりました。

北欧の雰囲気が好きな方にはたまらない作品になっていると思います。

優しい空気感のかもめ食堂を満喫できる!

料理系って見ているだけで楽しいですよね!

本作品はおいしいそうな料理はもちろんのこと、食堂内の内装や厨房、そして料理してからの盛り付け全てが見てて楽しいです。

さらに、サチエさんらの店内でのゆる〜いやりとりに癒やされます。ミドリさんの時折見せる素っ頓狂な顔も面白くて画になりますしね。

さらにさらに、私のイチオシはサチエ演じる聡美さんの一連の所作と凛とした佇まいです。

笑顔の「いらっしゃい!」・・・コーヒーをカップに注ぎ、

コトコトコトと心地よい足音でお客さんの元へ。

コーヒーとミルクとお砂糖とを丁寧にテーブルに置く。

再びコトコトコトと厨房へ。

この一連の所作が劇中何度も出てきますが、本当に飽きない

聡美さんの美しい姿勢から奏でられるコトコト・・・静まりかえった店内に鳴り響くコトコト・・・店内がいっそうオシャレに思えてきます。

優しい空気に包まれている店内をぜひ満喫してみてください!

ガッチャマンの歌がいきなり出てきてびっくりした!

本作品、ガッチャマンが人と人を結んでくれるきっかけになっているんですよね。

私、本作品でガッチャマン出てきたとき、「えっー、また〜!?」ってなっちゃいました。

なぜって、本作品の前に藤山直美さん主演映画『団地』を観ていて、そこでも出てきてたからです。

多分つながりのない作品・・・2作品連続って・・・知ってはいるけど・・・ここまで、出してくるわけって何?って思いました。

映画『団地』の場合・・・

養父かに理不尽に怒られ、家のベタンダに出されている少年がつらい状況を打破しようという時に歌っていました。それを、向かいに住んでる直美さん演じる山下ヒナ子が頑張れって・・・

本作品の場合・・・

突拍子もなく出てきたかのように見えて実はそんなことはないのかなぁと。

「ガッチャマンの歌 ~TV・アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」~」
(作詞:竜の子プロダクション文芸部 作曲:小林亜星)

一番の歌詞を見ると、

『誰だ 誰だ 誰だ
 空のかなたに踊る影
 白い翼の ガッチャマン
 命をかけて 飛び出せば
 科学忍法 火の鳥だ
 飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
 行け 行け 行け ガッチャマン
 地球は一つ 地球は一つ
 おお ガッチャマン ガッチャマン』

 

主人公サチエは、遠い異国の地に来て食堂を営むバイタリティ行動力がすごい・・・そして、自由に生きてるし。

サチエの生き方とも重なる歌ですね。

いいんだよ〜地球の中でどこでどのように動きまわっても・・・かもめ食堂そしてこの地で出会う人々にもそういった価値観でいてほしいという作り手の想いも込められているのかもしれませんね。

いずれにせよ、インパクトあって、作品に盛り込まれるガッチャマンの歌・・・おそるべし!

映画『かもめ食堂』の考察

かもめ食堂が人気なワケは?

サチエの生き方に触れることが出来るシーンがありました。

いっこうにかもめ食堂にお客さんが来ないのに見かねたミドリがサチエに提案をします。

ガイドブックにヘルシンキの和食屋として掲載してもらったらどうか。」と。

サチエはその提案を断ります。

サチエいわく、「ガイドブック見て、やっぱり和食が食べたいと思ってやって来る日本人とか・・・ここのにおいとは違う。・・・レストランじゃなくて食堂・・・店の前を通りかかった人が気軽に入ってきてくれるような・・・。毎日真面目にやってればお客さんもそのうち入ってくる・・・」と。

このサチエの取りに行くんじゃなくて見構える精神どうですか?

もちろんお客をいかにして呼ぶこむかという経営的な話になってくれば、精神論だけで突っきることはできるわけもなく、いろいろ批判されるところはでてくるのかもしれませんが・・・

そういうの抜きにすれば、この精神、私はすばらしいと思いました。

「私らは、日本食をやる!おにぎりをやる!やるんだ!・・・お客はやってくるに決まってる!!!」

って、堂々とおにぎりを携えて構えている感じ。

自信をもってする大切さを教えてくれているような気がしました。

初めのうちは、たとえ自信をもっていなくても自信をもった感じ、ふりが結構大事だったりするわけですよね。

当初こそサチエも自信があるようにふるまっていただけかもしれませんが、所作やふるまい全てが堂々たるもので、彼女の言葉を裏付けているように見えました。

お客さんが入っていなくても、丁寧に堂々とテーブルを拭いていたところにも現れていたと思います。

このシーンを見て、以前、営業をやっていた頃のことをふと思い出しました。

自分が提供する商品には絶対的な自信をもっていること、もっているように見せること・・・
何をお客さんに言われても、ペコペコするのではなく堂々とふるまうこと・・・
取りに行くんではなく、取りに来させること・・・

できそうでなかなかできそうにないシンプルなこと・・・すごく難しく感じていたこと。

そのお手本をサチエに見せてもらえているようでした。

サチエのかもめ食堂におけるスタンスや考えは、サチエの生き方でもあり、一本筋が通っていてかっこいいですね。

かもめ食堂が人気である所以はここにあるのではないかと思いました。

サチエがかもめ食堂を開こうとしたのはなぜ?

「・・・毎日真面目にやってればお客さんもそのうち入ってくる」

と、言ったサチエは前向きであり、一本筋の通った女性である点については前述しました。

で、そのあと、「それでもだめならその時はそのとき 辞めちゃいます・・・でも、大丈夫」って続けます。

この言葉に対し、ミドリは「えっ!」っていう感じで、びっくりしていました。

私はというと、そうきたか・・・という感じでした。

おにぎりを食べてもらうことにこだわっているのかと思いきや、あっさり先にシナモンロールを作って食べてもらっていましたしね。

サチエという女性は、一本筋は通っているけど、しなやかな生き方をする人なんだなぁ、と思いました。

ずばり、柔軟性に富んだ人!

やはり異国の地に一人できて日本食を提供するという行動力のある人だからでしょうか・・・きっと視野が広い人なんだろうなと想像します。

フットワークの軽さからくるのかもしれませんが、一つ一つの自分のやってきた行動に執着しないんですよね。

執着は一つの物事に集中できるすばらしい側面をもちますが、逆をいえば、一つのことにとらわれすぎて先に進めなくなるという面も持ち合わせています。

人生先に進めないと思ったら、一回今ある執着から自分を解いてあげる必要がありますよね。

解いてあげるには、人生の選択肢は色々あることを知ること視野を広げてあげることが大切です。

サチエは身を持って解いてあげる方法を知っているのではないかと思いました。

異国の地に来てかもめ食堂を開こうとしたいきさつは、明らかにはされてませんが、もしかしたら何かの執着から解き放たれたい一心だったのかもしれませんね。

映画『かもめ食堂』~関連映画を紹介します!

映画『レンタネコ』もオススメ!

本作品『かもめ食堂』は荻上直子による脚本・監督作品です。
異国の地にいきなり行って食堂をひらいちゃうというすごい行動力の主人公、見習いたいものです。
前向きでかつ行動力でありながら、どこかケセラセラとだめだったらだめでしょうがないでしょっていう感じも肩肘張らずに生きていて憧れますよね
他にも荻上氏の関連オススメ作品があります。

荻上直子による脚本・監督作品で観ておきたい作品といえば・・
ズバリ、映画『レンタネコ』です。
こちらもほのぼの系。
家でネコ会議なんかしちゃいますよ。
ほんわかした世界観はやはり本作『かもめ食堂』と通じるものがあります。
ぜひ、まだの方は観てみてくださいね。

モモセ

💛映画『レンタネコ』の詳細はコチラ⤵💛

【かもめ食堂監督作品!】ほのぼの系定番映画『レンタネコ』ネタバレなし感想考察~何も考えたくない、ぼーっとしたいならこれ!

続きを見る

まとめ

色々書いてきましたが、とにかく雰囲気を楽しみましょう!

心がおだやかに、ゆったりした気分にきっとなれますよ!

おいしい料理を見て、味わって、観終わったらお腹いっぱいになりますよ!

ぜひぜひ、ご賞味あれ。

💛無料で『かもめ食堂』を観る方法、詳しい作品情報が気になる方はコチラ⤵💛

映画『かもめ食堂』フル無料視聴できる動画サービス(VOD)・みどころは?~北欧好きにはたまらない!小林聡美主演作品!

続きを見る

スポンサーリンク

-ドラマ映画感想, 邦画

© 2022 momonosatiblog Powered by AFFINGER5